レイクならバレないキャッシング※駅近くで即日融資もできます!

レイクならバレないキャッシング※駅近くで即日融資もできます!

レイクの即日キャッシング

>>選べる2つの無利息サービスが人気の【レイク】なら当日振込みも可能!

一定の条件をみたすことで最短で即日融資をしてくれる金融機関は最近たくさんありますし、新生銀行カードローンレイクもそのうちの一つとなっています。

レイクの場合は、平日であれば14時までに申込手続きと必要書類の確認が完了すれば申込をした当日にキャッシングの利用が可能となります。レイクで即日融資をしたいという人におすすめしたいのがレイクのスマートフォン用の公式アプリになります。

レイクの公式アプリを使えば24時間いつでも手軽にキャッシングの申し込みができますし、アプリの機能を使って契約に必要な書類を簡単かつ素早く提供する事ができるのです。つまりアプリを使うことで即日融資をしてもらいやすくなるということなのです。

スマートフォンやタブレットを持っている方であれば、公式アプリを使っての申し込みできるのでバレないで借りることも可能です。


リスト 無人契約機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
レイク急ぎ借り入れ
レイク公式ページ

レイク無人契約機検索
初めて利用する人がよく選ぶカードローンになっている理由

新生銀行カードローンレイクは銀行カードローンなのに最高金利が18%と消費者金融と同じ設定になっています。そのため低金利の銀行カードローンというような感覚で申し込みをしてしまうと返済の時に大変になってしまいます。しかし新生銀行カードローンレイクは初めて利用する人がよく選ぶカードローンのひとつでもあり大変人気があります。そこで何で最高金利が18%と消費者金融と同じ設定になっているのに人気があるのかその辺りを見ていきましょう。

新生銀行カードローンレイクの最大の特徴は無利息期間のプランが2種類あるという事です。無利息期間のサービスは初めて利用する人に適用されて30日間無利息と180日間5万円分無利息のどちらか好きな方を選択するという形になります。借入金額によってどちらがいいかは変わってくるのでホームページのシュミレーションをして確認しておくといいでしょう。

新生銀行カードローンレイクは最高金利が18%と高く設定されているので普通に借りてしまうと利息が多く付いてしまいます。そのため無利息期間のサービスが適用になると大幅に利息を減らす事が出来るので大きなメリットになります。そのため初めて利用する人がよく選ぶカードローンのひとつになっているのです。

レイクと総量規制と銀行法

レイクという名前を聞くと、多くの人が大手消費者金融というイメージを抱くかと思います。実際にレイクは、もともとは全国規模で営業をする消費者金融だったのですが、現在は新生銀行のカードローンを取り扱う企業として消費者金融ではなくなっています。

大元の管轄が新生銀行となっているので、レイクのカードローンは消費者金融のカードローンではなく銀行のカードローンという扱いになるのです。これがどういうことを意味するのかというと、レイクのカードローンは総量規制対象外ということを意味しています。

利用者の借り過ぎを防ぐ目的で制定された総量規制ですが、消費者金融からのキャッシングやクレジットカードからの現金キャッシングが対象となっており、基本的には銀行のローンは総量規制対象外となっています。

貸金業法のルールの一つである総量規制は貸金業法の則ってキャッシングを提供している金融機関が対象となるので、銀行法に則ってキャッシングを提供しているレイクは総量規制を受けない、という道理なのです。

レイクの在籍確認の連絡について

カードローンやキャッシングに申込をした歳、多くの人が気掛かりとなるのが、申込をした金融機関から会社にかかってくる在籍確認のための電話となります。職場にキャッシングを申し込んだことは知られたくないと感じる人は多いでしょうし、場合によっては会社で過ごしづらい思いをしてしまうかもしれないからです。

しかしレイクのカードローンであれば、在籍確認の電話はかかってくる可能性はものの、カードローンに申込をしたことを気づかれてしまう可能性が非常に低いと考えられるので、オススメとなります。

レイクからかかってくる在籍確認の電話では、利用者のプライバシーに対して十分な配慮がされていて、担当者の個人名で電話がかかってくるのです。これならば会社に電話がかかってきた場合でも自分の友人からかかってきた電話であると、会社の同僚からみられるので安心ですね。 また事前にレイクに相談をしておくことで、個人名ではなく、新生銀行の名称で電話をかけてもらうことも可能です。

レイクは銀行カードローンだけど消費者金融に近い存在

レイクはもともと消費者金融会社でしたが、現在は新生銀行のカードローンとなって、他の消費者金融会社とは一味違う存在となっています。

しかし、銀行カードローンだからと言って消費者金融会社よりもサービス内容が劣っているということもありません。元消費者金融という特殊な経歴を持つレイクだからこそ、銀行カードローンでありながら消費者金融並みの便利なサービスを充実させ続けることが可能になっているのです。

一般的な銀行カードローン商品では、利用時にその銀行の預金口座が必要になるケースが珍しくありません。レイクもまた銀行カードローンではありますが、カードローンの利用時に新生銀行の預金口座は必ずしも必要とされていません。預金口座を持つことで得られるメリットも存在しますが、持っていなくても問題なくお金を借りる事が可能となっています。

レイクでは、振込融資を利用することで手軽に即日融資が利用できるようになっています。この時に求められる振込先口座は、新生銀行以外の金融機関の口座でも全く問題ありません。この点は他の消費者金融会社と非常に似通っており、レイクが消費者金融寄りの銀行カードローンであることを表していると言えるでしょう。